肌が基礎

美人でも肌が汚いと実際ちょっと引いてしまいます。不細工な方はもっとマイナスになり不潔な印象等を持たれてしまう可能性があります。肌を綺麗にしていくことで見た目や印象を向上させましょう。

肌が基礎

肌の日常的なケア

肌の美しさ、健康を守るためには、日常的なケアは必要不可欠です。確かにエステなどのスペシャルケアも効果を期待することはできますが、やはり日常的に積み重ねるケアに勝るものはありません。肌の日常ケアにおいては、守ること、落とすこと、そして与えることに重点を置くことが求められます。まず守ることですが、これは外的ダメージから肌を守ることを意味しています。その最たるは紫外線です。紫外線はメラニン色素を活性化させシミの発生を促進させるだけでなく、弾力や潤いを維持している成分に深厚なダメージを与えるため、肌の老化を加速させる原因です。ですから季節を問わず、しっかりと日焼け止めを使用して紫外線予防に努めることが必要です。次に落とすことです。これは、その日の汚れをしっかりと落とすことを意味しています。しっかりと落とさないと、どんなに良い成分を与えても浸透は悪くなってしまいます。また余分な汚れが蓄積されていると肌色がくすんで見えたりもしますし、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期も乱れがちになってしまいます。メイクをしている人は、クレンジングも使用して、その日の内に汚れを落とすことが必要です。ただしいくら落とすことが重要だからと言っても擦るような洗顔は、むしろ負担がかかってしまうので避けて下さい。そして最後は、与えることです。肌が畑だとすれば、必要な栄養を与えなければどんなに種をまいても実は育ちません。ですから、美や健康を維持し、育てるために有効な成分を日常的に与え続けることが必要です。まずは潤いを与えることを重視して、その上で、自分の悩みを解決してくれるために有効とされている成分を与えることが望ましいです。スキンケア製品は勿論のこと、サプリメントなども上手に利用して、与えるケアを続けていくと良いです。

肌のトラブルにあったときは

肌のトラブルは、様々なものがありますね。ニキビや肌荒れ、シミやたるみなど、できるとかなりテンションが下がってしまうものばかりです。シミやたるみは年齢に従って出てくるものなので、ある程度仕方ないということはありますが、ニキビなどはできる人とできない人がいますね。ニキビができると見た目も悪いですし、化粧も乗りませんし、なんとなく清潔感が失われてしまいます。お肌が荒れていると、不健康なイメージすら与えてしまいますね。ですから、ニキビや吹き出物ができると、皆早く何とかしたいと色々いじってしまう傾向にあります。一番多いのは、デコボコが嫌で潰してしまうことですが、これは絶対やってはいけませんね。潰しても綺麗になりませんし、雑菌が入ってますます悪化してしまいます。それから、お化粧などで厚塗りして隠すのも悪化を招くのでやめた方がいいです。市販の薬を購入して塗るという方も多いですが、これは効く人と効かない人がいます。例えば三日くらい使っても良くならなかったり、悪くなったりしてしまう場合は、速やかに使用を中止したほうがいいでしょう。市販薬には抗菌剤が入っていないので、基本的にあまり効かないことが多いです。特に、20代後半くらいからできる大人ニキビには、ほとんど効かないと思った方がいいでしょう。こういう場合はいち早く皮膚科に行くのがおすすめです。肌荒れごときで皮膚科なんてと思うかもしれませんが、ある程度の年齢になると、その肌荒れがいつまでも治らず、どんどん汚くなってしまうのです。痕になってしまうと、元に戻すのにかなりの時間とお金がかかってしまうので、痕にならないうちに皮膚科で治療しておくのが結局は一番の近道なのです。

肌と睡眠の関係

美肌を維持するためには、肌のゴールデンタイムには睡眠をとることが欠かせない条件です。肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、このゴールデンタイムに良質な睡眠をとることで分泌量が変わってきます。成長ホルモンは、子どもの成長を促すホルモンとして知られていますが、肌の弾力を維持するために必要な皮下組織の水分量を維持する働きやターンオーバーを促し古い皮膚を新しい皮膚へと生まれ変わらせる力を持っています。成長ホルモンは、夜の22時から深夜2時の間に寝ることで分泌量が増えると考えられてきましたが、近年では、寝付いてから3時間から4時間の間に脳下垂体から成長ホルモンが分泌されると考えられるようになりました。そのため、重要なのは何時に寝るかではなく、寝付いてから3時間から4時間にしっかりと熟睡し、質の良い睡眠をとることが成長ホルモンの分泌量を増やすために必要なことです。しかし、早寝早起きは、美容にも健康のためにも良いため、可能な限り日付が分かる前には眠りにつくようにすることです。良質な睡眠をとるためには、入眠直後に熟睡できるようにします。人間の身体は体温が下がりつつある状態で眠気を感じるようになっているため、ベッドに入る2時間から3時間前に半身浴や入浴を行い身体を温めておき、やや体温が下がってきたら睡眠に入るという方法です。また、人間の身体は体内時計によって各機能に指令を出しており、覚醒と睡眠の切り替えも行われています。朝起きたら太陽の光を浴びることで、夜になると眠くなります。他にも、寝る直前には、テレビやパソコンの使用は避け、寝る1時間前ほどから部屋の照明を落とし、身体をリラックスモードにしておくと眠りにつきやすくなります。

■基礎なる肌を綺麗にするには人気のプラセンタで!
ヒトプラセンタ
■肌ケアと同時にまつ毛育毛を始めましょう
ケアプロスト
■肌ケアも大事ですが、まつげ育毛もしましょう
ルミガン効果で短期間で長く伸ばす